肌で感じたベルリンの壁

最近、ベルリンの壁について触れる機会が何度かありました。
お恥ずかしながらスシキャット、ベルリンに住んでいながらベルリンの壁に
まつわる歴史についての知識が浅すぎて、ブログで語るのもおこがましいので、
写真と少しのコメントだけで失礼いたします。今後、もっと歴史について
勉強します。


↓ベルリンの壁の跡地にできたマウアーパーク公園のすぐそばに、ベルリンの壁を解説している
エリアがあったので行ってみました。
今もなお残る壁・・・・・このなんの変哲もないコンクリートの壁が、大勢の
人々の人生を分断していたなんて、信じられませんね。

IMG_1338.jpg


↓未だに逃亡者を監視する塔が残されているとは。私はドイツの、自国の忌まわしい歴史を
隠そうとせずに、こうやって後世に伝えていこうとする姿勢が素晴らしいなと思います。
ミヒャオいわく、ユダヤ人虐殺の史実についてだけで、学校で2年間も習ったらしいです。


IMG_1341.jpg



↓赤線が、かつてベルリンの壁があって分断されていたラインだそうです。
今、自分がまさに東西ベルリンをまたいでいるなんて。


IMG_1342.jpg


まさに日々変化し続けるベルリン。
こんなにユニークな都市に住めるということに、日々感謝です。



------------------------------------------
気に入ったらクリックしてくださると励みになります!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スシキャット

Author:スシキャット
★女性のためのウェブサイト「女は宇宙だ!」(onnauchu.jp)コラム連載
★専門家による生活情報サイト「コラムLatte」(latte.la/column)コラム連載

ブログの登場人物

●スシキャット●
日本人妻。20代。ブログ筆者。
相方のミヒャオとは同い年。
気が小さいくせにミヒャオに
だけは態度がでかい。猫バカ。


●ミヒャオ●
ドイツ人旦那。20代。
美容・ファッション・お菓子作りとやたら女子力高い。
ほんだし中毒。家事全般得意。


●ミヒャオかーちゃん●
生粋の南ドイツ人。
小柄ながらパワフルなため
「野生のチワワ」を彷彿と
させるザ・鉄のドイツ女性。


●ぽにょ●
スシキャットの妹。
人生初の海外旅行で1人で
ベルリンへ遊びに来た際、
ミヒャオと一緒にドイツビール
を飲んだことがよき思い出。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新しい記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
ランキング
ランキング参加中です
リンク
本ブログへのリンクはお気軽に!
検索フォーム