(マンガ)ドイツおばちゃんのレジ打ち洗礼

ドイツのスーパーは反射神経を要求してくるぞ!


regi.jpg


それにしても、ドイツのレジ打ちのおばちゃん達は恐ろしいレジ打ちスキルである。

速い、速すぎる。

アメリカ人のガム噛み噛み、前の客と雑談しながら爆笑するたびに中断しつつレジ打ちするのがちょうど良かったとか思うレベル。しかもドイツのスーパーは基本袋詰めの台がないので、おばちゃんがレジ打ちしている真横でソッコー袋詰めしていかなくてはならない。ちょっとでも遅れると次から次へと流れてくる商品が溜まってきて、ここでかなりあせる。ここで袋詰めが終わらないうちに会計しなくちゃいけない追い打ちがくる。サイフを出すロスタイム、コインをだすロスタイム、やっと袋詰めを再開しようと思えばもうすでに次の客の商品が流れてくる!

荒ぶるおばちゃんは待っていてはくれない。

もーこれはドイツに来たばかりの新参者への洗礼だ。

いつかこの速度をなんとも思わなくなった頃が、やっとドイツ生活に慣れてきた頃ということかな。





------------------------------------------
気に入ったらクリックしてくださると励みになります!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ









テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 敵は…

こんにちはみゆさん!

スーパーでのサバイバル法、伝授して
いただきありがとうございます!ドイツのスーパーって
よく長蛇の列になりますよね;お客さんめちゃめちゃ並んで
るのにほかのレジ開けないのはなんなのか笑
ユーロコインってややこしいので細かいお金出すのも苦手です;
色も大きさも似てるし・・・・・
コインなくて大きいお札だすとおばちゃん嫌な顔
するし笑
サイフは事前に手に持って準備万端でいかないと
ですね!!
REWEとかのキレイめのスーパーでは
Lidl とかのディスカウントスーパーより
若干落ち着いて袋詰めできます笑

敵は…

対戦下準備~1:商品を置くときに、詰めやすい順番でベルココンベアに置きます(私の場合、重いもの、冷凍ものなどから置く)。2:並んでいる時に余裕があれば、財布の小銭をチェックしておく(つり銭をすぐ出せるように)。  

対戦開始~3:はろーと言いながら、おもむろに袋を二つ用意(パニックになった時用の予備として)。 4:あらかじめ詰め易いように置いておいたのでバンバン入れられます。ただしたまにフェイントで、奥のものをわざと取って、順番通りレジ流しをしてくれないトリッキーおばちゃんもいます。ひるまず予定が狂ったらサブバックに詰めます。5:そして言われた金額がキリよくなるよう財布から現金を出します。あらかじめ財布の小銭を把握しておけば、いくら小銭をだせばキリがいいかサクっとできたりする(←日本にいた時もやってたから)。 6:ここで、小銭をだして、おばちゃんに「え?これでキリよくなるわけ?」的な顔をされたら勝ちです(←気分的に(笑)

で、つり銭とレシートを貰い、バックを持ちレジを出ます。
詰め済バック片手に、つり銭とレシートを財布にしまう時はもたつきます(片腕が不自由になってるから)。 
が、どんな時もレジを出たら夫は立ち止まってくれません。
ここまでパーフェクト(自分的)におばちゃんと戦っても、最後の最後に夫から「遅い!」という天然オーラを浴びせられるのが、うちの買い物パターン(笑い) 

Re: タイトルなし

はじめましてpharyさん!
コメントありがとうございます!

アドバイスありがとうございます、大変
参考になりました!そうか、その場で全部
詰めようとするからダメなんですね・・・・
私のよく行くスーパーでは、カゴはレジ前に
置くルールなので難しいようですが、カートなら
大丈夫ですね!そうなんです、細かいコインを
出す時のプレッシャーに萎縮しちゃって;
ドイツのスーパーは長蛇の列なんてことが
多いので、後ろの人を待たせちゃいけない!と
あせってしまいます。
もっと気を大きくもたないと、ドイツでは
やっていけませんね;他人の事を気にしすぎる
日本人には、ドイツ生活はなかなかタフです。
がんばります!

またどうぞ遊びにいらしてください!

Re: タイトルなし

はじめましてポン子さん!
コメントありがとうございます!

ドイツのレジはまさに戦場ですよね;
もー自分の番が回ってくるまでドキドキ
してますもん笑 「気を引き締める」って
言葉はドイツのスーパーで使う言葉です。
あのつまった時の「あ・・・もうだめだ」感、
おそろしい。細かいお金出す時もプレッシャーかかり
ますよね笑 ほんと苦手ですドイツのレジ。

どうぞまた遊びにいらしてください!

こんにちは、はじめまして。
いつも読み逃げばかりでごめんなさい。

レジで打たれた品物をその場で詰めようとするからつらいのではありませんか?私はレジ打ちされた品物はどんなにぐちゃぐちゃだろうとかごやカートにどんどん放り込んで、支払いが終わってからきれいに袋あるいは買い物籠に詰めなおします。(袋詰めの台がないときはカートの中とか床に置いたかごの中で。
<いつかこの速度をなんとも思わなくなった頃が、やっとドイツ生活に慣れてきた頃ということかな。>
レジ打ちのオバちゃんが「さっさとお金ちょうだい!」と手を出してきても「モメント!」と一言声かけして、後ろに何十人並んでいようと気にかけず、「私が済むまで皆さん待ってね、私、慌てたがためにおつりの間違いに気がつかないなんてことになりたくないの。」という心境になった時、あなたはドイツ生活に順応したといえるのです。
おドイツサバイバル生活がんばってください。

はじめまして!
ドイツのレジは戦いの場と思っています。
待っている間にお財布を取り出し、袋を広げさあいざ出陣。
詰まらせたら負けだと重いながら必死で詰めていますw
細かいお金を探しているときの「早く出せコラ」的な威圧感がなんとも言えません。
プロフィール

スシキャット

Author:スシキャット
★女性のためのウェブサイト「女は宇宙だ!」(onnauchu.jp)コラム連載
★専門家による生活情報サイト「コラムLatte」(latte.la/column)コラム連載

ブログの登場人物

●スシキャット●
日本人妻。20代。ブログ筆者。
相方のミヒャオとは同い年。
気が小さいくせにミヒャオに
だけは態度がでかい。猫バカ。


●ミヒャオ●
ドイツ人旦那。20代。
美容・ファッション・お菓子作りとやたら女子力高い。
ほんだし中毒。家事全般得意。


●ミヒャオかーちゃん●
生粋の南ドイツ人。
小柄ながらパワフルなため
「野生のチワワ」を彷彿と
させるザ・鉄のドイツ女性。


●ぽにょ●
スシキャットの妹。
人生初の海外旅行で1人で
ベルリンへ遊びに来た際、
ミヒャオと一緒にドイツビール
を飲んだことがよき思い出。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新しい記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
ランキング
ランキング参加中です
リンク
本ブログへのリンクはお気軽に!
検索フォーム