(マンガ)ベルリンでドイツってなに

妹、はじめてのベルリン滞在レポ:6

なかなかスシキャットを困らせる無理難題をふっかける妹であった。


turkish.jpg


スシキャットは間違っちゃいないと言ってくれ。ベルリンでもっとも手に入りやすいジャンクフードっていったらトルコのケバブだと思います。分厚いパンに薄切り肉と野菜がサンドされていて、ハンバーガーの要領で食べます。ベルリンには至る所にケバブの屋台があって、しかもボリューム満点で激安。節約志向のベルリナーが愛さないわけがない。私は最初、ケバブはきっとものすごく高カロリーで体に悪いんだろうなとあまり良いイメージを持っていなかったのですが、この時妹と一緒に生まれてはじめて!ケバブを食べてみて、野菜たっぷりで脂っこくなく、じつはものすごくヘルシーなジャンクフードなんじゃないかとビックリ・・・・まぁフライドポテトが中に入ってましたが。

で、またしてもドイツ料理と信じて食べていたものがトルコ系フードと知って失望する妹。


妹「わざとドイツ料理食べさせないようにしてるぅ?」


わざとなわけないじゃないか!だって・・・・ドイツ料理より魅力的な世界各国の料理がベルリンにいっぱいあるもんだから・・・・・ごにょごにょ・・・・


妹「・・・・今日のディナーはなに・・・・?」

え、えっと・・・・・



タイ料理。


ドーーーーーン



だ、だってだって、ものすごく広くて内装がめちゃくちゃ凝ってて、まるでディズニーランドのアトラクションの中にいるみたいなタイレストランがあったんだもん!行ってみたいじゃないか!

こんな感じで、店内に橋のかかった川があったのさ!魚だって泳いでいるぞ!

thai1.jpg


おいしくタイカレーをいただきました。

また私たちは家に帰って、ベッドに入った瞬間に眠りに落ちたのであった・・・・
妹にドイツ料理を食べさせなければと焦りを感じつつ・・・・
って、妹は明日帰るんじゃないか!








●●●●●●●●●●●●●
気に入ったらクリックしてくださると励みになります!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ









テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

先日はありがとうございました!

Akihoさんこんにちは!

先日はわざわざ足を運んでくださり、本当にありがとうございました!ものすごく嬉しかったです・・・・!もう、ベルリンで日本人の方とお話することができるなんて・・・・!ポストカードも本当にありがとうございます(涙
ダラダラ喋ってしまってすみませんでした;
お互いベルリン歴がまだまだ浅いですが、がんばりましょう。私も最初はベルリンのカオスなところに引いてしまって、馴染めるか不安でしたが、ちょっとずつ慣れました笑 けどやっぱりまだカオスっぷりに圧倒されることしばしば・・・・
一歩一歩、です。ドイツ語もがんばらねば!;

ケバブばっか!

カンパリさんこんにちは!

ケバブ、ベルリンで至る所にあります! 日本の地元で、人がケバブ屋の前を通るたびにトルコ人の店員のにーちゃんが「見て!これ!のびるアイス!」って、トルコアイスをびよーーんと伸ばして客引きしていたのを思い出します。
ケバブは私もはじめて食べて、脂っこいのを想像してたらあっさりでびっくりです。うまうま!

なんとテレビでベルリン

Pletzelさんはじめまして!

わー嬉しすぎます!そんな、こんなブログを思い浮かべてくださってありがとうございます!日本のテレビでベルリン特集ですか、ベルリンが取り上げられるのは珍しいですよね?イタリアとかフランスはしょっちゅう特集されますが。
Mustafa's Gemüse Kebabは名前だけなら聞いた事あります!すごくおいしくて、行列ができるみたいですね。いつか行ってみたいなぁ、今週末にでも行こうかな?!
ケバブはお財布に優しくて、いいです!
またブログに遊びに来てやってくださいねー

おぉ、地元の!

Yamanekokyattoさんこんにちは!

おぉ!ドイツレストラン情報ありがとうございます!じつは私、今まで一度もドイツレストランに行った事がないという・・・・・避けてるわけじゃないのに、なぜか行く気がしない....ドイツ料理が思い浮かぶ前に、タイとかベトナムとかイタリア料理がぱっと浮かぶ;それにしてもベルリン、ベトナムレストラン多いですよね。内装もエキゾチックでついつい入ってしまいます。
もっとドイツ料理も勉強せねば!!

そうなんです

Pharyさんこんにちは!

妹のドイツ料理への道は遠いです笑 自分がドイツ料理に対して無知すぎて、なにも思い浮かばないという。。。
カリーヴルストは、次のマンガでネタにしようと思っております笑

イラストお褒めくださりありがとうございます!ブログもイラストのほうもがんばります。pharyさんのブログもいつも楽しませてもらってます。

ドイツ料理

ネコおばさんさんこんにちは!

ドイツ料理、私もザワークラウトとかソーセージしか思い浮かばなくて笑 結局他国の有名な料理を食べることに。。。もうちょっと、ドイツ料理勉強しよ!

アイフォンケースお褒めくださりありがとうございます!私も猫バカなので、ネコグッズ欲しかったら自分でこさえるまでに笑

アート展

スシキャットさん、こんにちは(^^)
今日お話しさせていただいた者です!
ほんの立ち話でしたがとても楽しかったです~ポストカード、大切にします(*^^)お会いできてとても嬉しかったです!ありがとうございました^^

そうなんだ~

ケバブってドイツではメジャーなんですね!!
私もたま~にケバブ食べますけど500円ぐらいでお手軽で
美味しいので大好きです~ビールに合うしi-234
私としてはドイツビールとウィンナーを食べれれば満足だな~
ビールが水より安いのはめちゃめちゃ羨ましいです!!

昨日日本のTV番組でドイツ特集をやっていて,ベルリンのコーナーを見て「あっ!!すしきゃっとさん!!」と思い、初コメさせていただきました笑

ベルリングルメ、ソーセージも紹介されてましたがMustafa's Gemüse Kebabというケバブ屋さんが人気!と出てました(すしきゃっとさんは行ったことありますか??)
そしてパンにはさむタイプのケバブはベルリン発祥だとか…!
ケバブ店が多い理由がわかる気がしました(^^)
ベルリン、行ってみたいです:)

No title

ドイツの究極のジャンクフードは、やっぱり Currywurst なんじゃないでしょうか?
ベルリンに住んでいた時によく利用したのが、昔からやってる、地元の方しかいかないようなお肉屋さん(Fleischerei) で、お昼に出してるお食事メニュー。
手軽に安く、ドイツ料理を堪能できますよ。
Spätzle(ドイツ風マカロニチーズ)や Flammkuchen (ドイツ風ピザ)はクラストが薄くてパリパリで、美味しいですよね。
Mitteにある、Schwarzwaldstuben というレストランは、美味しいのでよく人が訪ねてきた際連れていっていました。
Tannezäpfle というビールがドラフトで飲める数少ない場所でした〜
懐かしいですね。
もう、妹さんは帰国されてしまったかもしれないですね。
でも、このタイ料理レストラン、すごいですね!
ベルリンにあるんですね〜
アートフェアも頑張って下さい!

No title

↓記事のイラスト、すごいです!いつものブログの漫画とはぜんぜん違うタッチなんですね。さすが本職っていうか、こんな風に自由自在に絵が描けたら楽しいでしょうねー。

ところで、ベルリンのジャンクフードって言ったらCurrywurstじゃないかなー?今はドイツ全国で食べられるけれど、確かベルリンが発祥の地だと聞いたことがあるような?

妹さん、ドイツ料理への道はまだまだ遥か遠く険しそう。
って、既に二日経っちゃっているし!果たして妹さんは正統ドイツ料理を食べたのでしょうか?

No title

ドイツ料理・・・
やっぱり、ソーセージとザワークラウト(合ってます?)
位で、あんまり思いつかないなぁ。
妹さんは最終日にはドイツ料理を堪能できたんでしょうか?
気になります(^ー^* )
でも、ケバブっておいしそうですね!
マックよりヘルシーそうだし、食べてみたいわ~

スシキャットさんのお仕事、垣間見せていただき、
才能がある方だなと、感心ました。
色んなタッチで描き分けができるなんて、素敵・・・

私もネコ好き(4匹飼っている)なので、
iphoneのケース、かわいくて欲しいぐらいです!
残念ながら、スマホなんですけど・・・(〃'∇'〃)ゝ

プロフィール

スシキャット

Author:スシキャット
★女性のためのウェブサイト「女は宇宙だ!」(onnauchu.jp)コラム連載
★専門家による生活情報サイト「コラムLatte」(latte.la/column)コラム連載

ブログの登場人物

●スシキャット●
日本人妻。20代。ブログ筆者。
相方のミヒャオとは同い年。
気が小さいくせにミヒャオに
だけは態度がでかい。猫バカ。


●ミヒャオ●
ドイツ人旦那。20代。
美容・ファッション・お菓子作りとやたら女子力高い。
ほんだし中毒。家事全般得意。


●ミヒャオかーちゃん●
生粋の南ドイツ人。
小柄ながらパワフルなため
「野生のチワワ」を彷彿と
させるザ・鉄のドイツ女性。


●ぽにょ●
スシキャットの妹。
人生初の海外旅行で1人で
ベルリンへ遊びに来た際、
ミヒャオと一緒にドイツビール
を飲んだことがよき思い出。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新しい記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コメント
ランキング
ランキング参加中です
リンク
本ブログへのリンクはお気軽に!
検索フォーム